フォト・インテリア・ライフスタイルWEBマガジン







タイルや小物好きさんにも行って欲しい!モザイクタイルミュージアム多治見が気になったので行ってみた。

岡本 晃
WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

んばんわ。

先週はずっと広島県外へ出張していました。

ほんっと楽しかった。。写真ずっと撮ってました。

毎年行きたい、やりたい100リストを作成してるんですが、

それに載っている場所2箇所へ行ってきました。

 

その1つが、モザイクタイルミュージアム多治見!

旅行でよく使っているアプリ 「RETRIP」で見かけて、ずっと気になってたんです。

 

モザイクタイルミュージアム多治見って?

岐阜県多治見市にある、タイルの魅力が溢れたミュージアム。

施釉磁器モザイクタイル発祥の地にして、全国一の生産量を誇る多治見市の笠原町にあります。

建築家の藤森照信さんが設計されています。

こちらも参考にhttp://www.mosaictile-museum.jp/

建物は4F建てで、写真にちらっと見せる可愛いらしい入り口が入場口。

入館料を払って、4Fから下に降りていくルートでタイルの世界を楽しめます。

館内は、写真撮影OK。

ミュージアムの写真

 

 

正面口。インスタ映えする。。

 

タイルで作られたアードがずらっと。

 

 

白のタイルで作られた4F。キレイな空間。

藤森照信さんによって考えられた、「タイルのカーテン」

タイルがキレイに空にのびている。

 

 

 

 

 

 

壁面のタイルアートの製作時期は、平成5年のものや昭和20年ごろのものも。

今尚、不変としてキレイなアートとして生きるところにタイルの力強さを感じる。

3Fでは、ちょうど「敷瓦の世界」が展示されていました。

期間限定の催しも楽しい。

 

 

 

 

タイルの色んな表情が楽しかった。

 

 

 

 

 

2Fは、施工の相談コーナー。実際に施工することも相談できる。

  1Fは、小物ショップや体験教室。

小物はかわいいものが色々とあった。

じっくりタイルの世界を味わって写真撮る、そして気になるアクセス。

  • 開館時間 9時〜17時
  • 休館日  月曜日
  • 観覧料  個人 300円、団体(20名以上) 250円
  • アクセス

多治見駅からタクシーまたはバス。

注意すべきなのは、バスの本数。1時間の本数が1本や2本なので、必ず時刻表を確認。

タクシーも呼んですぐ来れる場所でもないので、前後の予定によっては予め呼んでおくのを

オススメ。

 

それと、写真撮り行く方は3脚とストロボはNGです!

 

場所的にふらっと行くには、少ししんどいかもしれませんが、それでも行く価値はあり!

日常を抜け出して、非日常な場所へ出かけるというのもたまにはいいのでは。

 

今回の機材

ペンタックス K-30

レンズ DA12-24/4 ED AL

 

撮影はマニュアルモードで。

コラボ企画もぜひ!

広島のお店 BAL shienoriさんと期間限定の企画を実施中!!

詳しくはこちらから

広島のオススメスポットを今後も更新していきます!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© KO OKAMOTO , 2018 All Rights Reserved.