フォト・インテリア・ライフスタイルWEBマガジン







クリナップの新作キッチンを見てきた。

岡本 晃
WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんわ。

岡本 晃です。(@kkkoou1)

突然ですが、明日男二人で愛媛行きます。

楽しみだな〜、なんていうんですか。学生ノリみたいな。

成人を迎え、社会に出て、何となく遊び心を失いがちな今に必要な事だと思ってます。

クリナップのCM

今回は普段仕事でも扱っている、キッチンメーカー「クリナップ」さんから、

新しいシリーズが出て、展示が出来たという事でクリナップ広島店SRへ行ってきた。

クリナップさんと言えば、最近こういうCMをやってます。

「永遠の輝きステンレス編」

動画の最後に出てくるシルバーの豆状のものは、アメリカのシカゴにある「クラウド・ゲート」というアート。

これはステンレスを溶接して、なんども研磨していく事で、見事な綺麗な曲線を描いたアートになっている。

クリナップのステンレスキッチンとこのアートが、「100年後も美しくありたい」という想いで繋がっている。

これまでのクリナップのイメージが変わった!

今回の新シリーズは、長年に渡って販売してきた「S・S」というシリーズからのメジャーチェンジ。

その名も「CENTRO(セントロ)」。

特徴をまとめると、、、

  1. センターポジション設計:ストレスフリーを満たし、最短導線でキッチン作業を行う。
  2. クラフトマンシップ:お気に入りのキッチンを楽しめるものにする。
  3. キューブデザイン:ただの台所ではなく、インテリア性も兼ね備える。

下の写真は、このシリーズの中でも2番目に高いランクのもの。(扉は京友禅柄!)

天板も厚みがあって高級感

シンク側はオールステンレス

オーブンがない代わりに、リンナイ社とのOEM商品である容器でIH上でオーブンを。

今回のメジャーチェンジにあたって個人的に感じた印象は、

これまでのクリナップ商品と違い、「デザイン性」を大きく取り入れたな〜。ということ。

機能面では、少し前に「流レールシンク」が出て画期的だなと思っていたけど、

そこにデザイン性も取り入れてきたのは、面白いと思った。

流レールシンクは、水が排水口へ流れやすい作りになっていて、

作業がしやすい。またシンク底は、エンボス加工にもなっており傷に強く、目立ちにくい。

他にも便利なフードや扉も突板やステンレスの別色など新しい魅力が随所に

正直、久しぶりにクリナップさんの商品を見に行きましたが、楽しかった。

これから新築建てられる方やリフォームされる方の参考になれば!

掲載の写真は、クリナップ広島SRにて2018年1月に撮影。

来店時期によっては、展示商品が異なる場合がありますのでご注意を!

この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© KO OKAMOTO , 2018 All Rights Reserved.