フォト・インテリア・ライフスタイルWEBマガジン







ワークショップに参加した話

岡本 晃
WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

先日、映画のワークショップに初めて参加してきました。

きっかけは、フェイスブックで投稿をたまたま見たのがきっかけ。

最近僕は、色々ネットぶらりして、

『広島フィルム・コミッション』

『シネマプランナーズ』

『ミラーライアー』

など演劇や映像の情報を手に入れる場所を見つけたんですけど、なかなか情報が自動的に来ない身としては、能動的に情報をピックアップできる媒体があるのは本当に嬉しい。

地道な情報収集活動って大事。

気になる方は、リンク貼っていますのでそれぞれ覗いてみてください!

で、なんだけどね、、たいがいワークショップや役者募集とかあっても、開催地は東京とかやっぱり首都圏が多いと思うわけですよ。

だから、今回は知った瞬間喰らい付いた笑

▶︎堀内博志監督の映像ワークショップ

今回は、ご自身も映画を撮られてる『市民活動で映画製作をする会』のはまの省蔵監督が企画されたものに

参加させていただき、2日間みっちり勉強させてもらいました。

堀内監督は、映画「縁」(佐々木希 主演 佐野史郎 ほか)を制作された監督で、どういう雰囲気のワークショップになるかはじめはそわそわだったけど、始まってみるとあれだこれだとあっという間の時間だった。。

●「縁」公式HP:http://enishi-izumo.com/

●堀内博志監督HP:http://www.perfect-world.me/

参加者は、年齢や経験などバラバラだったけど、僕にとって全く知らない人たちの環境でやるっていうのが、本当にいい緊張感があってよかった。

当たり前だけど、舞台と映像って共通するところと違うところがあって、そういう新しい気づきが多くて。。

普段舞台や映画を見たり、稽古をしてると、つい本編に気がいってしまいがちなんだけど、

ワークショップという時間は、ひたすら自分を見つめ直したり、他の方の演技を見て勉強することに専念出来て、とてもいい機会になりました。

▶︎ワークショップを終えて

 

ワークショップでは、堀内監督から基礎や所作など色々学びをいただいたが、

『リアクションをどう出すか』『自分をうまく見せようとするから嘘くさい演技になる』

っていうのが、印象に残っている。

舞台やってても、なかなか演出や他のキャストさんのように役を出せないんだけど、

こういうことかって。

少し話は変わるけど、先日の情熱大陸に出演されていた松本幸四郎さんが、

『役の持っている個性を演じるのが、役者の個性」

と言われていた。

ここに結びつくんだろうな〜と。

ほんとはもっとあるんだけど、長くなるのでやめます。笑

 

今回参加したことで、新しい出会いもまたあり、本当にご縁に感謝を思った出来事でした。

またみなさんと、それぞれの場所でお会いしたいな。

そして、、、、カープCS1勝目!!

そんではまた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© KO OKAMOTO , 2017 All Rights Reserved.