フォト・インテリア・ライフスタイルWEBマガジン







広島に新たなインスタ映えするくつろぎの空間が登場。sofa BOOK AND CAFE HIROSHIMAで心地よい時間を。

岡本 晃
WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます。

昨日の夜、久しぶりにゲーセン行って、はしゃいできた岡本です

最近、簡易的にクリップオンストロボでソフトボックスを活かしたいと思い、

こちらを購入しました。

NEEWER プロ6。

折りたたみ式なので携帯が何よりラク。

そして多少であれば、ソフトボックス効果を狙えます。取り付けるとダサいのが難点なんですけど。。

2月は、いよいよオールドレンズに挑戦してみたいと思っています。

広島に新しいスポットが誕生!

さて話はかわって、つい先日1月26日、広島にまた新たな新スポットが誕生しました。

基町クレド・パセーラに、「自宅のつぎに、ラクなとこ」というコンセプトで、

「BOOK AND CAFE  sofa HIROSHIMA」 がオープンしました。

店内は、「カフェ」のスペースと、「本屋」のスペースが分かれていて、

自宅さながらのゆったりとしたくつろぎの時間が味わえる空間になっています。

このお店のオーナーとはかれこれ長い付き合いで、今回1月26日の夕方から開催された

カフェスペース側のオープニングイベント撮影依頼を受け、早速行ってきました。

インスタ映えする店内

まず注目したのが店内。

落ち着いたトーンのクラシカル・ブルックリンな空間になっていて、とてもオシャレ。

店内は、テーブルとカウンター席が設けてあり、約40席。

本屋側と共通しているアイコン的なシャンデリア。

クラシカルな空間に落ち着いた煌びやかさを放つ。

大いに盛り上がったオープニングイベント

17時から始まったオープニングイベント。

事前チケット制も取り入れていたこともあってか、次々と色んな業界の方や職種の方、

学生の方などが22時まで続いたこのイベントに訪れていた。

これもこのお店の期待値なんだな〜と、ただ感心していた自分でした。

オーナーの安部さんからの挨拶とともにシャンパンオープン。

のべ、200人近くの人が来場した。

カウンター。この日は、立町にある「ブルーグロッソ」さんが出張出店していた。

ブルーグロッソは、僕もたまに行くお店なんですけど、店内はシックで落ち着いていて、

美味しいお酒が味わえます。

美味しいお酒と料理で会話が弾む。

ビュッフェ形式で振舞われていてローストビーフが、特に美味しかった。

通常時は、オープンサンドウィッチを中心としたフードで、昼はカフェ。

夜はアルコールも楽しめるディナーが可能。

オーストラリア出身のプロフォトグラファーとの1枚。

イベントのためにフォトスナップコーナーも設置。

そこで出会ったパフォーマー集団との1枚。

これからユーチューブの活動も始めるみたいで、今後一緒にできることをこれから話し合うことに。

色んな方がラフに集う場所っていう形を垣間見た。

アクセサリーのデザイン、販売をしているmayuさん。

メイクアップアーティストのmisuzuさん。

ジャズシンガーのWatanabeさん

素敵な笑顔をくださったSuzukiさん

お店のスタッフも個性豊かみたい。

92蔦屋家電店スタッフ 小島さん、sofa カフェスペース側の店長 武政さん

2人とも若くバイタリティーがすごい。

sofa HIROSHIMAに集うという選択

今回はカフェへスポットを当てましたが、併設されている本屋も書籍2万冊とセレクト雑貨が並ぶ。

また、店内を会場として毎週1回のペースでイベントを開くということで、お店のフェイスブックなど要チェックです。

https://www.facebook.com/sofahiroshima/

 

ぜひお友達、彼氏・彼女。

1人でのんびりなど。。。

一度足を運んでみてはどうでしょうか。

 

お店情報

場所 基町クレドパセーラ3F

営業時間 10時〜20時

カフェは22時まで。

お問い合わせ カフェ 082−225−8230、書店 082−225−8220

撮影依頼お待ちしています

ご自身のお店やイベント、ポートレートやコンポジといった撮影依頼をお待ちしています。

撮影したら、一緒にこのホームページで色んな方の活動を掲載させていただきます。

ぜひお気軽に一度お問い合わせください!

この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© KO OKAMOTO , 2019 All Rights Reserved.