フォト・インテリア・ライフスタイルWEBマガジン







お一人様でも輪が広がる!?広島でフラッと、ラフなスタイルでバルを楽しむならBaL shienoriをオススメしたい!

岡本 晃
WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

んばんわ

先日、広島のフォトグラファーさんの写真集を見て、

自分も作ってみようと思った、岡本晃です。https://twitter.com/kkkoou1

皆さん、普段夜のお食事ってどうされてますか。

広島も結構探すと、色んなお店があり、なかなか悩むものです。

フラッと、気軽なバル

広島に来て6年目。

それまで広島に縁もゆかりもなく、仕事の転勤という形できた僕が

最初に気にしたのは、

  • 「行きつけのお店探し」と
  • 「仕事以外での繋がりがほぼ0からのスタート」という事でした。

 

そんな僕が今となってはファンとなり、通い続ける行きつけのお店を今回はご紹介。

はじめて、お店の方と本ブログでのコラボ企画も立ち上げたのでぜひ読んでみてください。

BAL shienori

 

 

オーナーの江川良平さん

広島で料理人を目指す多くの人たちが進学する広島酔心調理製菓専門学校を卒業後、

お店で現場経験を経て独立。

お店の経営と料理を1人でこなす。

プライベートでは、一児のパパ。

最近は、今年の6月に生まれた愛娘にゾッコンだそう。

 

料理の味も美味しいですが、彼の気さくな人柄からリピーターのお客さんもいるよう。

ちなみに僕と同い年の29歳。

お店はお一人様から団体などフレキシブルに対応

 

 

店内は、ラフ・カジュアルなテイスト。

個室がなく、オープンな店内は自然と賑やかになり、会話が弾む。

お店はオープンして2年目。

カウンター席は、お一人でも気兼ねなく行ける。

キッチンの目の前ということもあり、自然とオーナーや店員さんとの会話が生まれる。

そこからお店の常連さん同士が息統合することも。

机は移動式、人数に合わせて対応可能。

貸し切りで最大26名、立食などであれば32名程度はいける。

プロジェクターも完備。

スポーツ中継を見たり、イベントであればムービーを流す事も可能(事前に要確認)。

仕事の飲み会や、結婚式の2次会といったパーティ利用なんかにもいいかも。

 

小腹を満たしてもよし、がっつりいってもよし

 

こだわりのローストビーフ

 

料理は、1つ1つオーナーが自身を持って出す1品。

新作料理を出す時は、必ず他の人に食べてもらい、テイスティングをした後、

メニューにしているそうです。

パスタやピザ、バーニャカウダ、パエリアとメニューも幅広く。

料理だけでなく、お店オリジナルのサングリアも筆者おすすめの1品。

適度は甘さは女性におすすめ。

いつ何?×BAL shienori 期間限定コラボ企画
お店イチ押しの「広島牛の肉盛りプレート」を半額キャンペーン!

現在、BAL shienoriでは「肉祭り」を開催中。

暑い日が続きますが、キリッと冷えた飲み物にお肉は相性抜群。

そこで、今回取材させてもらったオーナーの江川さんと下記のキャンペーンを

特別に企画させてもらいました!

これぞ、オープン当初から通い続ける常連の僕にだからこそ許された企画だと

勝手に思ってます。

「岡本晃の 『いつ何?』をみて」と店頭でオーダー時に伝えていただけると、

【9月末】までの期間限定で

広島牛の肉盛りプレート通常2,800円(税抜) を なんと半額の1,400円(税抜)

でいただけちゃいます。

お肉の量はがっつりで変わらず、半額でオーダーできるキャンペーン。

 

初回の方もすでにリピーターの方も利用できるので、

ぜひこの機会に足を運んで、ラフなひと時と美味しい料理を味わってみては??

 

 

 

お店の情報 infomation

BAL shienori

  • ホームページ

https://balshienori.owst.jp/

  • 住所

広島市中区中町1-13バーグハウス2F

  • 営業時間

月~土、祝日、祝前日: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)

  • 定休日

毎週日曜日

 

※本掲載の情報は取材した2018年8月時点での情報となります。

情報は予告なく変わることがありますので、都度お店へお問合せしてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© KO OKAMOTO , 2018 All Rights Reserved.