フォト・インテリア・ライフスタイルWEBマガジン







究極のスナップシューター!GRⅢが魅力に溢れすぎているので知って欲しい!

岡本 晃
WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

んばんわ

本日、日帰りで初めてカメラマンの祭典

CP+2019に初参戦してきました。

http://www.cpplus.jp/

今日の来場者で17000人。明日からの土日はどうなるんだろう。。。

カメラ好きさんは絶対行く事をおすすめします。

最新のカメラやグッズが見れることはもちろん、現役の最前線を走る

写真家を間近にしたセミナーを時間有る限り味わえるという贅沢なお祭り。

という、祭典の全体についてはひとまずここまでにし。。

僕のお目当の子が、予想以上にすごくて、興奮したので記録しておきたい。

 

最高のスナップシューター GRⅢが発売される。

じゃん!

こちら、リコーから3月15日に発売が決まったGRシリーズでは3年振りとなる新型 GRⅢ。

もうこれを触りたくて、広島から横浜まで行ったようなものです。

体験コーナーには、朝から長蛇の列ができてました。

GRⅢのここが凄すぎる!

まずはこちらの動画を見て欲しい

GR CONCEPT MOVIE(日本語字幕) from GR official on Vimeo.

僕が強く感じた魅力は5つ。

  • ポケットにさっと入ってしまうサイズ
  • 立ち上げからシャッターを切るまでの速さ
  • 6cmまで寄れて、マクロ撮影もしっかり撮る
  • GRⅡにはなかった手ぶれ補正の機能追加
  • AFがとにかく早い

これがまさに、最高のいや、究極のスナップシューターと呼べる魅力。

CP+2019でも、注目の1機になってます。

全体像はこんな感じ

なんといっても先にあげたように、まずサイズ感がたまらない。

あっ!撮りたいと思った瞬間に気づけば出して、シャッターを切っている。

そんな妄想に浸ってしまいます。

今や、スマホのカメラ機能がよくなって、そもそもスマホでいいじゃんって

思う方も多いとは思うのですが、やっぱりカメラで撮りたいって方にはほんとおすすめです。

AFと手ブレ、マクロ撮影がすごい

これは、AFと手ブレ補正の実演をしてもらった時の1枚。

シャッタースピード1/30で撮って、遠くの画像のブレを見せてもらったんですが、

ブレてなかった。。

また多くの人が会場内で行き交う中、瞬時にピントをフォーカスしていくのは、

圧巻でした。

コンパクトだから、機能が劣っているのではなく、要所要所にコンパクトだから、

必要最低限に必要で良い機能を詰め込んでいる、そんな印象を受けたGRⅢ。

写真はまだピントが合ってないですが、、苦笑

こちらはマクロ撮影の実演での1枚。

これもかなり繊細な細部まで撮り切っていて、ここまで寄れて、撮り切れるのは

すごいの一言でした。

GRⅢは日常を記録する究極のカメラ

ここまで言った僕は、もちろん予約をしました。

今なら 、初回限定6000台にオリジナルBLUEリングキャップがついてきます。

これも嬉しい。

一眼やミレーレス、スマホでは味わえないスナップの魅力を存分に

楽しめるGRⅢ。

また、GRにはGRistというコミュニティもあるので、購入してから作品を投稿する楽しみも

出来そうな予感です。

3月15日が楽しみ。

ぜひCP+2019に行かれる方は、その手にとって体感してみてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© KO OKAMOTO , 2019 All Rights Reserved.