フォト・インテリア・ライフスタイルのWEBマガジン

Gallery







旅の相棒を!僕がリモワトパーズステルスを購入したワケ。

岡本 晃
WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

んばんわ!

岡本晃です。 http://@kkkoou1

多くの方が夏休みに突入されている今日この頃。

ぼくはというと、本日からお休みです。

結構、普段の仕事やプライベートでも遠方に行く事が多いんですが、

先日長年使っていたキャリーケースの相棒が、取手部分が壊れて一人で旅たたれました。

早速、新しいのをと思ったもののあれこれ悩み、、、

最終的に リモワのトパーズ ステルスを購入しました。

この記事ではキャリーケースの購入を考えている人、リモワが気になっている人の参考になればと

思います。

リモワって

リモワRimowa )は、ドイツスーツケースのメーカーである。ノルトライン=ヴェストファーレン州ケルンに本社を置く。長年ジュラルミン製を主力として来たが2000年からポリカーボネート製も製造している。

薄くて軽いジュラルミン素材を使用し、リブ形状とした上で特殊なフレームを入れ、コーナーやリベットなど強度を要求される部分にはステンレススチールを使用することで強度と超軽量を両立している[1]

by wikipedia

 

たぶん、いまさらな情報かもですね。

正規代理店のホームページを見ると、著名人で愛用されている方もみれます。

好きなあの方も使われているかも。。

https://www.suitcase-mania.net/celeb/

 

いろんなシリーズがある。

リモワのキャリーケースには、いくつか特徴的なシリーズがあります。

  1. トパーズ
  2. ステルス
  3. チタニウム
  4. サルサ

など。。。

1〜3は、同じアルミのキャリーケースの色違い。

4のサルサは、ポリカーボネートなので1〜3よりは軽量タイプとなります。

リモワには、色んなデザインや素材のシリーズがあり、自分に合った1台を見つけることができます。

色やサイズの展開も多様なので、ココが一番悩ましいところかもしれません。。

 

僕が買ったのは、トパーズステルス

そんな多様にある中で、僕はトパーズステルスを購入。

ちなみに今回購入基準として押さえておきたかったのは、下記4点。

  • デザインが好み、かつ特徴的なもの
  • 移動の時のホイールの操作性
  • 1〜3拍の荷物が入れれる
  • メーカー保証がしっかりしている

これを満たしてくれたのが、トパーズステルスでした。

 

 

ロゴの部分は、引っ張って出す事ができ、手提げ袋などを引っ掛けることができる。

 

 

ロックはTASロックはもちろん。2箇所での開閉なので、面倒なジッパーとは違いさっと開けれる。

 

購入を悩ませた存在 無印良品

ネットでも検索したら、出てくるんですけど、

無印良品のキャリーケースも捨てがたかったです。

  • なにせコストが全然違う。同じ容量のものだとリモワトパーズステルスは12万に対して、無印は3万程度。
  • ホイールロック機能があり、電車移動時などにキャリーケースが転がる危険を防止できる。
  • 国内であり、しっかりとした信頼ができるメーカーであること。

なにより、コスト。

さらっと書きましたが、リモワのトパーズは高い。

特に、トパーズでも

トパーズ→トパーズステルス→トパーズチタニウムの順に、コストは上がっていきます。

 

ちなみに今回僕が買ったのは、トパーズステルスの34Lで12万円程度。

無印だと2〜3万円程度。。。。

どこにお金をかけるのか、、ここは個人の考え方次第かと。

 

※リモワでも、トパーズではなく、サルサといったポリカーボネートのものだと、

全然安くなります。リモワにしたいけど、コストが、って方はこちらを検討してもいいかもしれません。

 

だけど、リモワにしたワケ

あれこれネットで調べた挙句、ショップに見に行きました。

そして実物を見て、、、惚れてしまったんです。

 

 

無印も全然コスパと機能もよかったんですが、ステルスのアルミブラック塗装の風格に

飲み込まれました。

いや、決めてはコレだけです。

 

だけど強いていえば、もう1つ個人的にいいなって思えた点があります。

実は、このステルスは、アルミのシルバーの上から塗装しているだけなので、

傷がつくと、すぐに下地のシルバーが出てきます。

僕も1回目の旅行で、すぐに付いてしまいました。

自分としては、ある種オリジナリティだな〜って思えて、経年変化を楽しめると思いました。

※なので、ここまでステルスいいなって思った方。傷がつきやすく、目立つのが耐えれない方は、

普通のトパーズシルバーが、ステルスより高いチタニウムにする事を強くオススメします。

 

デザインだけでない、中身も充実

 

収納前のカット

 

 

収納後のカット

34Lで1〜3泊は行けます。

僕は、趣味柄カメラ機材などを多く持って行くので、カメラバックを載せてます。

※カメラバッグの底に金具が付いていて、それがステルスのキャリーケースを傷つけました。。。

今既存のキャリーケースから買い換える方は、今のサイズで容量が足りているのかをよく吟味して

買ってみてください。

 

 

キャリーケースにも自分のこだわりを。

正直、キャリーケースにこんな高額かけることとか、そこまで吟味することが

もったいないなとも思ったんです。

だけど、自分の好きな旅行にいく相棒が、自分のこだわりが何もないと

持っていっても面白くないって事に気づきました。

そんな中で出会ったリモワのトパーズステルス。

もちろん、僕自身が悩んだ無印良品やその他のメーカーにするのもよし。

 

だけど、少しこだわりを持って選んでみるといいかもしれません。

とりあえず、当面僕の推しはリモワです。

ぜひお店などに行って、実物体感してみてください。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
岡本 晃
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© SKETCH , 2018 All Rights Reserved.