life is more creative!

撮影や記事執筆、映像出演などお問合せは「こちら」からお問い合わせください。

【フクロモモンガ】ポーチを手編みで作ってみた

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
菅田将暉をこよなく愛す人。 もの心がついた頃から絵を描いていた。リアルな似顔絵を描くのが特技だけど最近Ipadを購入してからイラストサイトを使いこなすのに苦戦中の今日この頃。 時間さえあれば映画を観るか刺繍をして過ごす。広島で役者としても活動中。あと被写体もやってるよ!

こんにちは。

AIRです。突然ですが私たちはペットを飼っています。

その名も「チャッピー」

2020年の2月にお迎えしたフクロモモンガの女の子です。

昼は生きてんのか?レベルで爆睡していて、夜の12時頃にになるとザワザワ起きだしてきて滑車で遊んだりゲージの中を電光石火したりして楽しんでいます。

我が家のチャッピーのご紹介をしますと、とりあえずモフモフしていて触り心地は最高。

若干ギョロ目ではありますが、お菓子をちらつかせた時はそのうるうるお目目のチャームポイントを最大限に活かして媚びてくる可愛いやつです。(こういう時だけ己から手に乗ってきてくれます)

毛並みに関しては実家へ連れて帰っていた時に厳格な父がチャッピーを撫でながら「毛皮にしたら確実に高値で売れる。」と言わしめた程でした。なんて事を。。。

そんなチャッピーへ、日ごろ(私が)癒されている感謝を込めて手編みのポーチをプレゼントしてみたところ大層気に入った様で

折角なので作り方をシェアしようと思います。

準備物

準備物は以下の通りです。

・自分の手

・できるだけモフモフした素材の毛糸

私が使用したものと似た素材の物を調べてみました

編み始め

最初は親指をいれる用の輪っかを作る。

難しかったらもう輪っかが作れれば他のやり方でOKです。

作った丸に親指をいれる。

指への紐の掛け方は、以下を参考にジグザグ指にかけていき、最後に前方に持ってきて小指に流します。

これで編む準備はできました!

指編みをしていく

普通に指編みなのですが、私の分かりにくい図をつけていきます。

上の動作を永遠に行い、首に2周巻けるくらいの長さまで作ります。

編み終わりは、人差し指から紐を下から上へ通して、小指まで通し終わったら指から外して引っ張る。

ここで絶対にお願いしたいのですが、編み終わりの時に、紐を切らないである程度の長さを残して置いてください。

最後まで編んでしまって紐が残ってないよという方は紐の長さを固結びなどして付け足しておいて下さい✨

 

一生懸命画像作ったけど、超絶わかりづらいので指編みのやり方をわかりやすく説明されている方のURLを貼っておきます。

初心者でも簡単♪ 指編み(リリヤン編み)のやり方 ~編み物~

指編みした毛糸を加工

やっと下準備ができました。

この指編みしたものを使ってポーチにしていきたいと思います。

編んだ毛糸をペロペロキャンディみたいにぐるぐると配置します。

※この時、端っこの紐が長い方が外側になるようにして下さい。

そしてあまり紐を使って、隣同士面している箇所に紐を通していきます。

手編みは割とゆるっとした編み方なので紐も通りやすいですが、紐を通す間隔は狭くしないとふくももちゃん

あみあみしていくと、こんな感じになります。

ひもの処理をして、上部分で結んで輪っかにすると。。。

できましたー!

あみあみふわふわモモンガポーチ!

モコモコしてて我ながらいい感じです。

さあお気に召してくれるのか?チャッピー!!ドキドキしながら見守っていると・・・

ジャストフィットらしく、めっちゃぷくぷく言って喜んでおりました。

モフモフの塊からちょっと尻尾が見えるのがなんとも萌え。

また一つ、可愛いものを増やしてしまった。。。

案外フクモモポーチは何でもいける

最初アスレチックを増やす感覚で作ってみたフクモモポーチですが、

案外気に入ってくれたようで、市販のものでもなくてもいいことが判明しました。

(とはいえ市販のものもゲージ内にあってチャッピーは朝は手編みポーチ、昼以降市販ポーチで使い分けているみたいでした)

時々手編みの編みが緩かった場所から鼻を出したり手が出ていたり、見るたびに胸キュンしてしまうアイテムなので、気になった方は是非作成してみて下さいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
菅田将暉をこよなく愛す人。 もの心がついた頃から絵を描いていた。リアルな似顔絵を描くのが特技だけど最近Ipadを購入してからイラストサイトを使いこなすのに苦戦中の今日この頃。 時間さえあれば映画を観るか刺繍をして過ごす。広島で役者としても活動中。あと被写体もやってるよ!

Copyright© 写真と旅と日常のジャーナルメディア「Sketch」 2022 All Rights Reserved.