写真と旅とインテリアで楽しむ暮らし

ポートレート、お店、旅の撮影取材を承り中です!お問い合わせからご連絡ください。




メモパッドまで最短距離?!「WEMO」がメモ距離を0距離にしてくれる。

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら

机の上の整理整頓をしている時に、メモパッドを置くスペースもすっきりさせたい。

付箋を別で持ち歩くのは面倒だけど、身につけておきたい。

という方に朗報です。

いつでも、どこでも、かける、おもいだせるがコンセプトの

WEMO。

1枚あれば普段の生活を少し便利にしてくれるかもしれません。

使い方は簡単

  • スマートフォンに貼る、PCに貼る、腕に巻く
  • 油性ボールペンで書く、消す。以上。

僕は、Padタイプを買いました。

こんな感じになる。

裏のシートを剥がして装着

サイズはSとMがあるので、装着するモノのサイズと確認

シートはツルツル。すらすらっとかけました。

インクの出は薄くなりますが、ずっと残すものでも無いので僕は気にしてません。

試したのは、フリクション、油性ボールペン、油性マーカー

汚れてもいいなら手でも落とせました。何度かやってますが、状態は大丈夫。

そんな残すほどでもない。だけど忘れたくない。

って時にあるといいモノ。

まー書くほどでもないか、と思ったけど「アレ??あれなんだったっけ?」って

なったことありませんか?

使い回しができるので、書くこと躊躇しなくていいので、そういう意味でも便利だなと

個人的に使っていて思いました。

また出張とかカフェとかの出先でそんなメモができないスペースでも、PC上のスペースで

使えるパッドなので、頼もしいもんです。

腕タイプは使っていませんが、現場仕事などで持ち物は減らしたい、けどメモはしたいという方には

重宝しそう。

新しいメモの仕方を味わってみてはどうでしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
基本は空間・インテリアの仕事。休日、カメラ撮影と役者の活動中。 よく言われるのは「何を目指してるの?」がキーワード。 カメラ、舞台活動、旅行や日常を中心に更新しています。 SNSフォローしてくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© Sketch , 2019 All Rights Reserved.